マイカーローン 条件

マイカーローンの条件を比べる

マイカーローンを組む時には、その条件についてよく考えて契約した方がよさそうです。つい毎月の支払額に目が行ってしまいがちですが、今組むローンが本当に自分に合っているのか、様々な項目からよく比べてみましょう。

 

マイカーローンを組む時には、金利、支払期間、支払総額など、確認しておくべき項目がいくつかあります。

 

マイカーローンの金利

マイカーローンを組む時に、金利はとても重要です。金利が何%かというのは、直接利息に関わってくるからです。金利10.0%よりも8.0%の方が、8.0%よりも4.0%の方が、かかる利息が少なくなります。

 

ただし、金利が低いから絶対に選ぶべきとも限りません。マイカーローンの契約前には必ず審査がありますが、審査に通らないとローンが組めません。金利が低い程、審査の面では厳しくなります。マイカーローンの金利の相場は幅広く、2.0%未満のものもあれば10.0%位のものもあります。支払総額では相当の違いが出てきますが、審査が厳しくなるという点にも注意が必要です。

 

金利の相場は申込み先で変わってきます。販売店が斡旋するディーラーローン、それも中古車の場合が最も高く、8.0%~10.0%程度の金利が相場です。新車のディーラーローンで5.0%~8.0%程度、キャンペーン特別金利で下がる場合もあります。最も低いのが銀行など販売店以外のマイカーローンで、2.0%~4.0%程度の金利でマイカーローンが組めます。

 

 

マイカーローン支払期間の長短

ローンを何回払いにするかというのも、マイカーローンを組む上では重要です。支払期間が長いのにも短いのにも、メリットとデメリットがあります。

 

支払期間を長くとれば、毎月の支払額が少なくなりますが、払う利息は大きくなり、支払総額が高くついてしまいます。支払期間が短ければ支払総額は少なくて済みますが、毎月の支払の負担は大きくなります。収入と支出のバランスを考えて、無理なく支払える位にしておいた方が安心ではあります。

 

特に車の場合、購入費用だけでなくメンテナンスやガソリン代などの費用も掛かってくるので注意が必要です。

 

支払期間が長すぎると、中々車を買い替えられないですし、支払途中で故障や事故で廃車になるリスクも高くなります。その代り、毎月の支払額が少ないので、それだけ審査に通りやすいというメリットもあります。

 

マイカーローンはそもそも借りられないと意味が無いので、審査基準を重視するのも大事ですがそれよりも支払期間に関してはしっかりと見ておかないと失敗をしてしまう可能性が大きくなります。ローン利用を良いものとするためにも、借りる前にはマイカーローンの支払期間は必ず確認をしておくべきなのです。

 

支払総額は必ず確認する

マイカーローンを組む時には、支払総額を必ず確認しましょう。ローンを組めば、一括で現金を用意する必要がありませんが、利息がかかってきます。何も考えずに、毎月いくらで乗れるという説明を受けてサインをすると、意外と余計な費用がかかっているのに気付かずに契約してしまう可能性があります。

 

金利や支払期間によって、結局支払総額がいくらになるのかを見てみましょう。毎月の支払額が少ないからと言われても、高金利で支払期間が長ければ相当な利息を取られてしまいます。

 

例えば150万円のマイカーローンを毎月24,902円で組めるとしたら、高いと思うでしょうか、安いと思うでしょうか。正解は、これだけでは高いのか安いのかは判断できません。この例では金利10.0%で、7年ローンで組むと、毎月の支払額はこれ位に抑えられます。しかし、支払総額は200万円を超え、利息だけで60万円近く支払う計算になります。150万円のローンで利息が60万円というのは、割に合わないと感じる人の方が多いでしょう。

 

これがもしも2.0%の銀行のマイカーローンで組んだ場合、毎月の支払額は26,292円に上がりますが、7年ではなく5年で支払いを終えられます。支払総額は約158万円、利息は先ほどの60万円と比べて、たったの8万円程度しかかかっていません。毎月の支払額だけで判断するのがどれだけ間違っているかが分かると思います。

 

基本的には金利が低ければ最終的な支払総額も少なくなる傾向にあるので、金利を抑えて借りられるJAのマイカーローンは返済を重視する方に人気があるのです。ただ、JAの場合には金利の他に保証料がかかることもあるので、やはり利用条件の確認が欠かせません。

 

正しく安心してマイカーローンを使うためには、目先の数字だけでなく利用における基本的な部分はしっかりと全て確認をしなければなりません。